浄化槽清掃|屎尿汚泥清掃|下水道管調査|カメラ調査|ホームページ

伊勢市清掃株式会社
  • 三重県
  • HOMEへ戻る
  • 伊勢市
  • 伊勢市清掃|サイトマップ
  • ホームページ
サイトマップ
伊勢市清掃はクリーンな環境を目指しています

下水道管は生活に欠かせないものですが、地面に埋設されているため、一般の家庭で修理・修繕することができません。今月はそんな下水道管のトラブルとして欠かせないカメラ調査をご紹介します。

長年培われた技術と実績――

下水道管渠調査では破損、クラック、管渠のたるみ、堆積物など流下能力阻害状況の有無を把握することが目的です。また不定期な調査を行うことにより、異常を早期に発見することでトラブルを未然に防ぎます。
管渠を高圧洗浄にて清掃をした後、自走式テレビカメラを使用して上流マンホールから下流マンホールへと管内調査を行います。
この調査結果を元に調査報告書を作成し、異常箇所の報告、修繕の提案を行っています。

修繕時の技術紹介 「ASS-L・H工法」について

埋設管を掘削して入れ替えるには交通規制などの付加業務が必要となります。この問題を解決するのが「ASS・ASS-L-H工法」です。既設マンホールからTVカメラを管内に導入しモニター画面で劣化場所を確認しながら特殊機器で補修します。管種・管径を問わず短期間で下水道管が補修できる画期的システムです。
※ 適用管種は「コンクリート管・陶管・塩ビ管」です。適用管径は150mm〜700mmです。

【特徴】
本技術に使用する補修剤は補強材として耐熱ガラスを使用し、可視光線硬化開始剤を配合したビニルエステル樹脂を用いています。可視光線硬化開始剤は波長380〜450nM(青紫色可視光線)を受光すると硬化反応を開始します。標準硬化時間は約25分間で、硬化時の温度は50℃以下です。

目視調査

管径の大きい管内またはマンホール内の調査にはTVカメラではなく、作業員が直接管内に入り調査を行います。

TVカメラ調査

主に下水道管内(管径φ600mm以下)にテレビカメラを挿入し、管内の状況を調査します。

簡易カメラ調査

簡易カメラ調査は、一般的に家庭に引き込まれる小径の下水道を調査する際に利用します。主な施工場所としましては、一般家庭やアパート・マンションなどのトイレやお風呂といった水回りがメインとなり、低コストでの調査・修繕が可能です。

TVカメラ調査

ビル・マンション・アパートから一戸建てのお家まで調査させていただきます。
・水の流れが悪い
・排水管に異物が詰まった
・水が逆流してくる
など管路内の様々な調査をさせていただきます。お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

Copyright (C) 2007 Iseshi-Seisou. ALL Rights Reserved.

三重県伊勢市 ホームページ制作UNION シティページ

伊勢市清掃株式会社